東北中央自動車道の有料・無料区間やパーキングエリア

高速道路
広告

東北中央自動車道は、福島県相馬市から秋田県横手市までの総延長約268キロメートルの高速道路です。略称は「東北中央道」であり、高速道路ナンバリングにでは「E13」となっています。

広告

東北中央自動車道のあらまし

東北中央自動車道とは、福島県相馬市を起点とし、福島市・米沢市・山形市などの東北地方の主要都市を経由して、秋田県横手市で秋田自動車道と連絡する、総延長約268キロメートルの高規格幹線道路です。

この道路は事業化が遅れていましたが、平成23年(2011)の「東日本大震災」をきっかけに、福島方面からの整備が急ピッチで開始され、現在では全線開通も見えてきました。

「東北中央自動車道」は、常磐自動車道、東北縦貫自動車道、山形自動車道、秋田自動車道と接続することから、南東北地方の各都市間のネットワークが図られ、大幅な移動時間の短縮につながるほか、緊急時における代替路の確保にも貢献します。

広告

東北中央自動車道の料金

東北中央自動車道は、無料区間と有料期間とに分かれています。

(1)相馬IC~桑折(こおり)JCT:無料
(2)桑折JCT~福島JCT:有料
(3)福島JCT~米沢北IC:無料
(4)米沢北IC~東根IC:有料
(5)東根IC~湯沢IC:無料
(6)湯沢IC~横手IC:有料

主要ジャンクション又はインターチェンジ間の東北中央自動車道の通行料金(普通車)は、次のとおりです。

出発IC 到着IC 通行料金
相馬IC 福島大笹生IC 410円
米沢北IC 東根IC 1,870円
湯沢IC 横手IC 470円
広告

東北中央自動車道のパーキングエリア

東北中央自動車道には、次のようなパーキングエリアがあります。

(1)南陽PA
南陽高畠ICとかみのやま温泉ICの中間にあります。
上下線とも、24時間の自動販売機コーナー、障がい者等用駐車スペース、障がい者等用トイレ、オストメイト対応トイレなどの設備があります。

(2)山形PA/SIC
山形上山ICと山形中央ICの中間にあります。
上下線とも、24時間の自動販売機コーナー、障がい者等用駐車スペース、障がい者等用トイレ、オストメイト対応トイレなどの設備があります。

広告

東北中央自動車道と新直轄方式の採用

東北中央自動車道の多くの区間では新直轄方式が採用されており、これらの区間では料金が無料となっています。
新直轄方式とは、高速道路の建設費用を、高速道路会社ではなく国と地方自治体の双方で負担する新たな直轄事業のことをいいます。